アトピー肌・敏感肌・不安定肌の総合サイト

『アトピー性皮膚炎』『ステロイド剤』について正しい知識を得たい方へ無料レポート進呈中!


土曜・日曜・祝日は定休日です。

土曜・日曜・祝日は定休日です。

お問い合わせ

特定商取引法に基づく表示

送料について

送料・手数料

◆8千円以上お買い上げの方は、
送料(一部地域を除く)・手数料無料
◆8千円未満の場合

・送料全国一律 540円
※沖縄県、離島は別途お見積もり。
・代金引換手数料  一律324円

銀行振りこみ(前払い)の場合、手数料はご負担下さい。
詳しくはこちら

【塩素除去の必要性】〜塩素の危険性について〜

末端給水栓において遊離塩素を0.1ppm (0.1mg/1リットル)以上に保つこと。

〜『水道法より』〜

塩素は、安価で殺菌力が強力であり、さらにその効果も持続することから、上記が定められています。 これは0.1ppm以上であれば、いくら使用してもよいことを意味します。

大都市圏では、1.0〜1.5ppm、 他の地方都市でも0.5〜1.0ppm高濃度の塩素が含まれています。 これに対して海外では、塩素が注入されていないか、あっても0.1ppm以下と規定されています。

  • 日本の原水はかなり汚れていること
  • 浄水場において、急速ろ過方式がとられていること

などから、水道水には大量の塩素が投入され浄化されています。

また、最近の『高濃度処理をしている水道水』でも、塩素は含まれています。

その結果、世界でも類を見ない高濃度の塩素が水道水に含まれており、諸外国と比較しても 5倍〜15倍程度高いことがわかっています。

  • 塩素は気化(25℃でガス化)しやすく、お風呂に入る、シャワーを浴びるなどの過程で
    有害な塩素ガスが発生し、せまい浴室で吸引することになります。
  • 塩素は皮膚からも吸収(経皮吸収)されます。

ここで、お風呂に入る、あるいはシャワーを浴びるたび、呼吸や経皮吸収から体内に取り込まれる塩素の量を比較してみましょう。

その摂取量は、水道水を飲んだ場合に比べ6倍〜100倍と高く、人体への影響は無視できないとの報告がなされております。(米国科学学会1986年 参照)

日本の水道事情を考えた時、塩素除去対策を講じる必要があります。

《 塩素の毒性 》

この活性酸素は他の物質に対して強い酸化作用を及ぼし、殺菌あるいは漂白等の有益な作用を示すと同時に、細胞を破壊し人体に悪影響を及ぼします。

  • CI2+H2O→HCIO+HCI
  • HCIO→HCI+O

《 肌への塩素の影響 》

上記で、活性酸素がうまれることに触れました。
塩素に触れたり吸ったりした場合、この活性酸素は皮膚やのどの粘膜から水分を奪います。

例えば、肌の保護膜の弱いアトピーや敏感肌、不安定肌の方が、塩素を含んだシャワーやお風呂に入ると、

  • 髪の毛や皮膚がかさかさし、ドライスキンが進みます。
  • ドライスキンは小じわの原因にもなります。
  • 塩素は呼吸器の粘膜を傷つけ、喘息などの呼吸器疾患をさらに悪化させることになります。
  • 塩素は、その他のアレルギー疾患の原因がとりざたされています。

入浴後の保湿でこれらのドライスキン対策を行うとともに、塩素除去が必要です。

また、崎谷医師の実践する生活習慣改善療法の一つである、

低温でののんびりとした入浴(体温をさげないため)

を実践するためにも、塩素除去を行うことをおすすめいたします。

これ以上、肌の状態を悪化させない、そして、安心してお風呂に入れることが大切です。

注意

  • 入浴剤は、香料・色素や漢方などを含む場合、肌の状態を悪化させてしまう場合がございます。
  • 温泉などの硫黄成分が、アトピー肌や不安定肌を悪化させてしまう場合がございます。

HOME / 商品一覧 / ポイント制について / ご注文方法

■株式会社ティールート アトピー・アレルギー情報センター■