アトピー肌・敏感肌・不安定肌の総合サイト

『アトピー性皮膚炎』『ステロイド剤』について正しい知識を得たい方へ無料レポート進呈中!


土曜・日曜・祝日は定休日です。

土曜・日曜・祝日は定休日です。

お問い合わせ

特定商取引法に基づく表示

送料について

送料・手数料

◆8千円以上お買い上げの方は、
送料(一部地域を除く)・手数料無料
◆8千円未満の場合

・送料全国一律 540円
※沖縄県、離島は別途お見積もり。
・代金引換手数料  一律324円

銀行振りこみ(前払い)の場合、手数料はご負担下さい。
詳しくはこちら

「お肌と花粉症」 についてのお話をさせていただきます。

早い年では1月末から春にかけてスギ花粉の飛散が報じられています。
スギ以外にも、ヒノキや秋のブタクサなど、春と秋は花粉症を発症される方が多くなります。

そして、この花粉症の多い時期に、肌のかゆみや赤み、アトピー症状が悪化するという報告があります。

花粉による鼻炎や結膜炎は、アトピーと同じアレルギー疾患です。
このアレルギー体質を持っている人は、花粉が肌についたり、吸い込んだりすると、鼻炎症状がでなくても、 湿疹や肌の炎症が出ることがあります。

特に、近年この傾向は強まっているようで、この時期にお肌の状態が悪化し、ご相談をお受けするケースが 増えています。

本来、アトピーや敏感肌の方は肌のバリアが弱く、乾燥しがちです。(アトピーの方は、特有のアトピックドライという肌質です)

ということは、通常の方より肌のバリアが弱いアトピーや敏感肌の方は、アレルゲンが直接肌に触れやすいということになります。

従って、花粉をアレルゲンとして持つ方は、直接皮膚につくことで、肌の状態が悪化してしまうということになります。

肌は、いったん状態が悪化して、かゆみも強くなってしまうと、いい状態に戻すには苦労します。
この花粉飛散時期にお肌の状態が悪化されたり、かゆくなる方は、十分な注意が必要です。

mark花粉の時期の対処方法mark

  1. 外出先から帰宅した場合、玄関に入る前に洋服などをはらい、室内に花粉を持ち込まないようにする。
  2. 帰宅後は、洗顔やシャワーなどで肌についたホコリや汗、花粉を洗い流す
  3. 肌が清潔な状態で、十分な保湿をする。
  4. 洗濯物は外に干さず、布団も外干しをせず布団乾燥機を利用し、花粉を室内に持ち込まないようにする。

これらを行っていただくことで、この時期の肌のかゆみや症状の悪化を抑えることが出来ます。

※ 空気清浄機をご使用いただくことも、室内の花粉対策にお勧めです。

 

HOME / 商品一覧 / ポイント制について / ご注文方法

■株式会社ティールート アトピー・アレルギー情報センター■