アトピー肌・敏感肌・不安定肌の総合サイト

『アトピー性皮膚炎』『ステロイド剤』について正しい知識を得たい方へ無料レポート進呈中!


土曜・日曜・祝日は定休日です。

土曜・日曜・祝日は定休日です。

お問い合わせ

特定商取引法に基づく表示

送料について

送料・手数料

◆8千円以上お買い上げの方は、
送料(一部地域を除く)・手数料無料
◆8千円未満の場合

・送料全国一律 540円
※沖縄県、離島は別途お見積もり。
・代金引換手数料  一律324円

銀行振りこみ(前払い)の場合、手数料はご負担下さい。
詳しくはこちら

経皮毒について。

経皮とは、「皮膚を通り抜ける」ということです。

つまり「経皮毒」とは、「皮膚から体内に毒が入る」という意味です。
私たちが日常何気なく使用している日用品にも、毒が含まれているとはご存知でしょうか。

普段、何気なく使用しているシャンプーやリンス、メイク用品、洗剤、入浴剤・・・・・
多種多様な日用品に、経皮毒の影響を及ぼす、有害な化学物質が使われています。

それらの化学物質は分子構造が小さく、肌の毛穴などから簡単に体内に入りこみます。

しかも問題なことは、
「体内に取り込まれると簡単に体外に排出することが出来ない」
ということです。

  • mark 経口吸収(口から吸収する) ・・・ 90%ほど毒素を排出できる
  • mark 経皮吸収(皮膚から吸収する) ・・・ 10%程度しか毒素を排出できないといわれています。

この経皮吸収された経皮毒は、体に様々な影響を与えます。

特に、アトピー性皮膚炎の方や乾燥肌、敏感肌、不安定肌の方は、この経皮毒から大きな影響を受けてしまいます。

というのも、上記の肌質の方は、肌の保護膜(NMF・細胞間脂質等)が少なく、
これらの毒素を直接肌の内部に簡単に侵入させてしまいます。
その結果、肌荒れの悪化につながります。

《 経皮毒、『有害化学物質』とは 》

化学物質は、現在8万種以上も存在しています。
全てが有害ではありませんが、人体への影響を完全に把握することは困難といわれています。

また、有害化学物質はこのうち1500種以上あるといわれ、例えば、「アスベスト」「ホルムアルデヒド」なども有名な物質です。
人体に悪い影響を及ぼす有害物質に、経皮毒性のある化学物質も含まれています。

mark2 石油系合成界面活性剤

多くのシャンプー、リンス、洗剤、クレンジング、洗顔用品、整髪料、殺虫剤など、身近な製品に含まれているのが、『界面活性剤』です。

界面活性剤とは、水と油を混ぜる乳化剤のことで、油汚れを落とすことから多くの製品に使用されています。

この界面活性剤には、石油系のもとの、天然由来のものがあります。

このうち、問題になるのは・・・

  • リン脂質でできた細胞膜を破壊し、肌をひび割れた状態にしてしまいます。
  • 血液に入れば、赤血球を破壊し、酸素の運搬能力が低下し、貧血になります。
  • 血液に入り、肝臓の細胞組織が破壊され、機能障害を起こします。
  • 溶解剤と合成界面活性剤をあわせて使用してしまうと角質層が洗い流され、さらに経皮毒の影響を受けやすくしてしまいます。

肌の弱い方は、これらの成分に注意し、安全性の高い日用品を選ぶように気をつけてください。

HOME / 商品一覧 / ポイント制について / ご注文方法

■株式会社ティールート アトピー・アレルギー情報センター■