アトピー肌・敏感肌・不安定肌の総合サイト

『アトピー性皮膚炎』『ステロイド剤』について正しい知識を得たい方へ無料レポート進呈中!


土曜・日曜・祝日は定休日です。

土曜・日曜・祝日は定休日です。

お問い合わせ

特定商取引法に基づく表示

送料について

送料・手数料

◆8千円以上お買い上げの方は、
送料(一部地域を除く)・手数料無料
◆8千円未満の場合

・送料全国一律 540円
※沖縄県、離島は別途お見積もり。
・代金引換手数料  一律324円

銀行振りこみ(前払い)の場合、手数料はご負担下さい。
詳しくはこちら

アトピー症状を悪化させるアレルゲンの経路と種類について。

アトピーの原因というと、卵や牛乳などの食べ物を思い浮かべる方が多いようです。
乳幼児のころは、卵や牛乳などの食べ物が多いようですが、
以後は徐々に『環境アレルゲン』による影響が大きくなるようです。

アレルゲンは、一つとは限りません。
いくつもの要素が複合しておこっていることが多いのです。

ですから、食べ物ばかりに目を向けるのではなく、環境アレルゲンにも目を向け、それぞれの対策を立てることが重要です。

《 アレルゲンの経路と種類について 》

アレルゲンは、次の四つの経路によって体内に取り込まれます。

1. 吸入性アレルゲン

室内のほこり、かび、ダニ、畳、ソバガラ、ペットの毛、衣類、寝具、
住居に使われるのりや塗料・化学物質、
花粉(ブタクサ、カナムグラ、スギ、アカマツ、ススキ、ヒメガマ) カビ(アルテルナリア、ペニシリウム、カンジダ、クラドスポリム、アスペルギルス)

2. 食物性アレルゲン

牛 牛肉、牛乳、チーズ、バター
鳥 鶏肉、卵、マヨネーズ
大豆 大豆油、おから、豆腐、納豆
その他 豚肉、小麦、米、とうもろこし

3. 薬物性アレルゲン

鎮痛剤、解熱剤、抗生物質、ホルモン剤

4. 接触性アレルゲン

薬物、化学物質、塗料、金属、うるし、ゴム

上記以外にも多くのアレルゲンが存在します。

アレルゲンは、アトピーの方にとっては大敵です。

大人になれば、アレルゲンに注意して生活することが出来ますが、小さなお子様はご家族の注意が必要です。

ご家族がアトピーを正しく理解し、またアレルゲンについての理解を深めて対応することでアトピー症状の悪化を防ぐことが出来ます。

日常の身の回りのものにもアトピーの悪化要因があることを認識し、注意してください。

もちろん、正しいスキンケアを行うことによって

大切なお肌を身の回りのアレルゲンから守ることが出来ます。

HOME / 商品一覧 / ポイント制について / ご注文方法

■株式会社ティールート アトピー・アレルギー情報センター■